スポンサードサーチの最適な広告予算の決め方は?

広告の予算は、目標とするコンバージョン(購入等指標となるユーザーの行動)単価と獲得件数から設定しましょう。

広告予算は、目標とする獲得単価と獲得件数が重要

スポンサードサーチは、商品やサービスに合わせて、広告予算を広告主様ご自身でコントロールできますが、予算ありきで運用してしまうと効果が少なかったり、効率的に成果が得にくい場合があります。

広告の目標をしっかりと定め、それに合わせた広告予算の設定が重要です。
しっかりと最適な広告予算で運用していきましょう。

広告予算は少なすぎるとコンバージョン数の機会損失につながる場合があります。

<広告予算とコンバージョン数の関係(イメージ)>


広告予算 = 目標とする獲得単価 × 目標獲得件数

 予算の立て方は、いくつか方法がありますが、最も基本となる考え方は下記のとおりです。

広告予算=目標とする1件あたりの獲得単価(CPA)×目標獲得件数(コンバージョン数)

ここでいう獲得とは、お申し込み、お問い合わせ、購入等を言います。

例えば、10,000円の商品を1カ月に100個売りたいとします。
そして、その商品の粗利は30%で、1つ売れるごとに3,000円の利益が出るとします。
その場合、1件あたりの獲得単価は、3,000円までであれば赤字にはなりません。

この3,000円から確保しておきたい利益分を差し引き、仮に半分の1,500円までを1件あたりの獲得にかけられる広告予算とします。
この1,500円が、目標とする1件あたりの獲得単価(CPA)です。

目標獲得件数は100個ですので、計算式に当て込むと以下のようになります。

1,500円(目標とする1件あたりの獲得単価)×100個(目標獲得件数)=150,000円(広告予算)

このように、今回の場合は、150,000円が1カ月の広告予算です。
予算ありきで考えるのではなく、目標とする1件あたりの獲得単価(CPA)から考えると試算しやすいです。

スポンサードサーチは広告主様ご自身で運用していく広告ですので、運用しながら検証を重ね、最適な広告予算で効果を上げていきましょう。

 

「有効なキーワードや費用を知りたい」、「”○○”というキーワードでのクリック料金が知りたい」方は、下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

 

 ≪「スポンサードサーチ」料金に関するお問い合わせ≫

お気軽にお問い合わせください
「スポンサードサーチ」料金に関するお問い合わせ

お客様サポートセンター TEL:0120-056-559 平日9:00 〜 18:00(土日祝日休み)

 

※注意事項


Yahoo!プロモーション広告は、2020年度にかけて順次Yahoo!広告として刷新し、ディスプレイ広告と検索広告になります。